和蝋燭

和蝋燭_b0011075_14440902.jpg


去年の秋から始めた透明水彩画のオンラインレッスンでは、
自分で選ばないようなモチーフを描くことができて
世界が広がっています。
蝋燭の炎、なんていうのもその一つ。
最初はIKEAで買った太い蝋燭を描いていましたが、
和蝋燭に興味が湧いて買ってみました。

時々ボワーッと炎が大きくなるのでドキッとしますが、
光に表情があってとてもきれいです。

そして驚いたのは、蝋燭が小さくなるのが早い。
のんびり描いていられません。


和蝋燭_b0011075_14440611.jpg


1時間半ほどでこんなに小さくなりました。
右端のピンセットのようなものは芯切りバサミといいます。
私は知らなかったのですが、炎が大きくなりすぎたら
これで芯をつまんで切るんです。
わりと頻繁に切りました。

豊かな時間を過ごしました。

Commented by はづき at 2021-04-06 16:23 x
そーなんですよ!
和ろうそくって独特の情緒がありますよね。
ハゼの蝋の柔らかな色合い、大きく揺らめくオレンジ色の炎。
絵蝋燭もきれいだし。

と言ったら、夫が「丑の刻参りで頭につけるやつ?」・・・そうかもしれないけど、そんな使い方する人は稀! 
せめて「赤い蝋燭と人魚」のとか言ってよ。でもあの話はえげつないので私は嫌いだけど。
by dekigoto-kotori | 2021-04-06 14:56 | Comments(1)

画像や文章、イラストなどの無断転載はご遠慮ください 


by 影山直美