「う」のつくもの

b0011075_17121084.jpg 梅を干しました。漬け初めのときに少しカビが生えてしまったので、数が減って残念。でも冷蔵庫に入れてからは無事に過ごしました。 
 夏は「う」のつくものを食べて元気に!というので思い出した。結局、鰻を食べてないよ…。今はお店も混んでいるしぃ、昼に出歩くのは暑いしぃ〜。涼しくなってからでいっかぁ?
 ところで「茶菓きみくら」さん情報によると、掛川駅近くの「うなぎの甚八」はおいしいらしいです。浜名湖産の鰻にこだわっているとか。そして、土用の丑の日には十分なサービスができないからと、お店を休んでしまうのだそうです。運が良かったら食べてみたいものです!

b0011075_1733393.jpg ところで、この暑いのに足を温めてくれているひとがいます。どうなっているかわかりますか?
 椅子に座って、足をつま先立ちみたいにしている私(足をそらせています)。そこへ、大きいお尻のお爺さんが座っているのです。やめてください!いやがらせは!
 たぶん、このお爺さんはとてもお腹がすいているのです。パソコンなんかいじっていないで、早くメシにしてくれという訴えだと思われます。
Commented by たろうの母 at 2010-08-17 18:28 x
うなぎは私は大好きです★
今年の夏は結構食べてます。
なので私は夏バテしらずですよ。
影山さんも早く食べてパワーアップしてくださいね。

足を温めてくれてるのはゴンちゃんですね。
大きいけど形のいいプリティなお尻ですね★
体を張って(?)「お腹が空いたよ」アピールなんてお茶目ですね。
ゴンちゃんかわいい~♪
Commented by 桜&こつぶ at 2010-08-17 22:22 x
うちの桜とこつぶはウナギ好きです!
準備してると真っ先に見に来るのが桜!!
黒いしそのうち『ウナギ犬になるよ』って脅してます…(^_^;)
他にも卵の黄身、スイカ、リンゴ、アイスなども好き。最近桜が二重顎になったような…イカン!Σ( ̄◇ ̄*)
Commented by すずき at 2010-08-17 22:31 x
『かあちゃん、足首の冷えにはレッグカバーがいいって言ってたじゃん。
つま先立ちしなければ、もっともっと暖かくしてあげるよ!』
ああ、かあちゃん想いのゴン爺ちゃん・・・ 泣かせますね~
Commented by かあちゃん at 2010-08-17 23:17 x
ゴンちゃんは 訴え の 《う》ですね(^o^)v

うなぎ~☆
苦手なんですけど、美味しいのは食べられます(笑)
私もタイミングが合えば言ってみたいです♪
Commented by やすけん at 2010-08-17 23:55 x
ゴン爺、またテツ君とは違う方法ですか。
もしも犬たちが、言葉をしゃべれたら…。
うるさくなるかな…。
Commented by めい23 at 2010-08-18 15:22 x
このあと影山さんは ゴンちゃんのいやがらせ?に負けたのでしょうか? 見るからに暑そうですね・・冬なら大歓迎なのにね。
掛川情報 ありがとうございます! なんとか おじゃまできるように 密かに計画中・・です。
Commented by dekigoto-kotori at 2010-08-18 15:59
*ああ、母ちゃん思いのゴンさん。
冷房病にならないように気を遣ってくれたのか〜。
私はこのあとうっかり足を動かしてしまい、
ゴンに「フガッ!」と一喝されてしまいました。踏んだり蹴ったりです。

すっかり、口が「鰻」です。
掛川の情報は、今後も少しずつお伝えしていきますね。
地元の人しか知らないお店なども。
ちなみに来年は鎌倉で行いたいと考えています。
おいしいものが近くにあると、楽しみが増えますね〜。
Commented by 武蔵麻呂 at 2010-08-18 23:10 x
個展、楽しみだな~( *´艸`)
きみくらさんのHPに影山さんの個展の予定が載ってましたね(≧▽≦)
楽しみだなぁ(-∀-)シミジミ…
Commented by dekigoto-kotori at 2010-08-19 09:54
*ドキドキです…
楽しんでいただけるようがんばります!
Commented by えんどう at 2010-08-21 21:03 x
夫も一緒に行ってくれるそうです。ということは、旅費は夫持ちだ~、ワッハッハ(^-^)
Commented by dekigoto-kotori at 2010-08-21 22:25
*よかったですね…って、私が言うのも変ですが。
ありがとうございます〜。
by dekigoto-kotori | 2010-08-17 17:38 | Comments(11)

画像や文章、イラストなどの無断転載はご遠慮ください 


by 影山直美